読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだ、サンタとか優しい上司とか信じてるの?

三十路のダメリーマンの日常備忘録日記です。 都内でクレームにまみれながら、働いてるよ。

心の中で、○ねとさけぶ

 

 

休日明け

 

休みのときに、以前テナントを探されていた方が、某物件を申込みしたいその前に

内装業者に見積もりとらせるからもう一度なかみせて下さいとのことだった

 

ただ、昨日 私が休みのときにその電話が入ったらしく

上司は、その物件が 自社直接仲介じゃなくてほかの仲介業者が入っている物件だったので、直接取引できれば、折半にならなくていいからとの理由で、その物件のオーナーさんにうちでも仲介させてくれませんかと行きやがたったのです

 

(不動産仲介の賃貸っていうのは、宅建業法で賃料の一か月分しか仲介手数料とっては駄目ということになっています。

ただ、借主側からは仲介手数料ということで、貸主から広告料もしくは業務委託料としてとって宅建業法上で定められた以上の金額で取っているのが業界の常識かしてますね)

 

これは、他社の物件を仲介すると手数料が折半になっちゃうのでオーナーさん(貸主)のところに無断で訪問して直接取引できないか交渉する

 

業界で嫌われる抜き行為です(>_<)

 

ちなみに結果は、A社に仲介頼んでいるからそこを通してよとの結果だった

 

 休みのときに、無断でこういうことされるとすげー迷惑

 

何が迷惑ってA社に無断で直接取引できないか交渉しにいったってことが

バレてしまってるんですから、

 

A社としては、は?ふざけんなよ そういうことするんだオタクは!

状態です。

 

今日お客さんが見積もりとりたいから物件を見たいって言っていたのにね

鍵も借りれないならまだしも取引停止になるかも状態!

 

まあ、幸いにもA社の担当者は個人的にも飲みに行くっていうか今度も飲みにいく約束するぐらい友達というわけじゃねいですが、知人程度ではありましたので、

もう二度としませんから、ということなんとか許してもらえました。

 

マジ 上司は最近邪魔になることしかしなくてイラッとした瞬間でした。

 

 

悪いことは続くわけで、それとは別件で申込みをもらってて今度の契約締結予定の物件の貸主から電話があって、申込み者の内容悪いし、保証人も微妙だしって娘が言ってるからこの件はキャンセルだと

 

えっ、困るんですけど 今度の日曜日契約締結で

「お客さん今 住んでるところ解約してるんですよ」

 

それに 契約進めていいって言った貸主さんでしょ!

 

土壇場でやっぱりやめたはないですよ。

 

保証人からも印鑑登録証明書ももらってるし、

と言ったのですが、

 

契約者は自営業で、開業してまだ1年ほどしかたってない、

保証人も勤続半年で収入も低い

 

じゃあ 保証人代えればいいですか?とかいろいろいったのですが

 

駄目でした。

 

ホント、○ねって思いました

 

契約進めていいって言ってたのに、直前になってキャンセルです

 

救い難い上司の経営判断及び貸主の傲慢さは下っ端である自分がストレスで贖う形になるのです。

 

お客さんに契約できなくなったということ伝えなければいけないミッションが残っており、お客さんは既に現在の住所は解約予約をしているわけで、

お客さんからするとホームレスリスクが高まってるわけで

 

私が、キャンセルの判断を下したわけではないのですが

間違いなく電話した私に非難の矛先が向かうことは、想像に難くないわけです。

 

悪い事実はすぐお客さんに報告しなきゃいけないのですが

 

チキンオブハートな私の精神が電話をすることを拒んでおり、

 

10分ほどの躊躇い時間というか ミニマム脳みそを振り絞り、こう言われたらこう言い返そう 自分の生存戦略上最適かつ理想的な状況を作り出す言い訳を必死に考えて

 

いざ、電話!

 

「○○さんですかお世話になっておりますタツキチです!」

 

「ああ、聞いてますよ オーナーさんから今回借りれないってこと」

 

(もう話いってたんかい!)

 

「大変申し訳ございません。 オーナーさんの娘さんが入居に反対したみたいでして

保証人を代えたらなんとかならないか。保証会社を使ってみたらどうか話したんですけど 無理だとの回答でした」

 

「こっちは困るんですよ。今度日曜契約締結だっていうから、今月○日に解約もしてるし、契約締結できるんじゃなかったんですか?  ブツブル・・・・」

 

 

そのあと、もう一度、入れないか交渉してくださいとのことでしたのですが

 オーナーさんからは駄目との回答!

 

それを伝えてほかの物件に変えた方が現実的だと伝えたのですが、今回の物件新築で安い物件だったので、ワンランク下がった物件しかないんです。

 

そういうとやっぱり申し込ん物件がいいとかごねだして

「なんで契約できないんですか、契約できるって話だったじゃないですか。どう責任とるつもりなんですか?  責任とって下さい」

 「○○さん、言いたいことはわかります。ただ、申込みのときに伝えたと思いますが、契約締結するまでは、○○さんもキャンセルできますし、オーナーさんもキャンセル出来るんです 法的にも問題ありません。 おかしいと思うのでしたら、弁護士にでも相談されても結構です。 ただ、道義的になにもしないのは不親切だからこういった対応してますし、今回は仲介手数料はいりませんのでそれで納得されないのであれば、私は手を引きますので」

 

強気に出ましたら、正直、そういってほかの不動産会社行っていただいたほうが私としては・・・・

 

明日、再度来ていくつか物件みて判断するということになったんですよね。

手数料ゼロなのでただ働き案件なんですけどね。

 

 

はあ、メンタルガリガリ削られた一日でした(ノ△・。)

 

 

世界の中心で、愛をさけぶ 小学館文庫

世界の中心で、愛をさけぶ 小学館文庫

 

 

 

 
にほんブログ村

   

広告を非表示にする