まだ、サンタとか優しい上司とか信じてるの?

三十路のダメリーマンの日常備忘録日記です。 都内でクレームにまみれながら、働いてるよ。

不動産業界の闇は深い

 いろいろと忙しい時期 つらたん(´・ω・`)

 

 

先日とあるフォロワーさんが、不動産会社にあることないこと言われてたみたいお目当ての物件を見学させてもらおうとして言ってみると

 

普通借家の物件なのに、この物件 オーナーチェンジで入居後半年以内で

出て行かなかきゃいけなくなるかもしれない物件ですよ。って不動産会社から

アナウンスされたらしい

 

フォロワーさんは、時間と交通費の無駄だったといって

ツイッターで ホームズの募集広告を載せてったので

 

私としては 広告図面を見て普通借家になってて「?」てなった

 

 

その広告をみた

違うフォロワーさんも

定期借家ってなってないのはインチキだってと思いますと

ツイートしてて おっしゃる通り、

普通借家契約で1年未満の契約期間を定めた場合、たとえ当事者同士が1年未満で契約が終了することを合意したとしても、期間を決めなかったものとみなされる。

(つまり半年で出て行けって言われてもごねることが出来る(´・ω・`)

出て行ってほしければ誠意(お金)を見せても貰わないと僕困っちゃうなあって

言えちゃう)

定期借家契約では、1年未満の契約期間を定めることができます。

 

(ただ定期借家って期限を定められるけど、実務側の人間からすると入居者が出て行かないとやっぱり裁判するしかなくなっちゃうですよね。鍵代えたり、キーロックしちゃうとこっちが訴えられると負けちゃうんですから、日本はやっぱり法治国家だから自力救済は駄目絶対ってなってるんだよね やっぱり出て行かに人を追い出すには裁判所の判決が必要なんだよね)

 

(あとほかにも一時使用目的賃貸借契約って方法もあります 定期借家の誕生で使われなくなりましたけど ある特殊な条件ではこちらの方がよかったりするので たまにこの一時使用目的賃貸借は使われたりします)

 

 

 最初私は、この物件をホームズで広告している会社は、物件からも離れているので

たぶん、この載せている不動産会社は元付ではないんだなと直感しました

 

元付って不動産会社間では、よくつかわれる言葉なのですが、

一般の方に簡単に説明すると 元付会社さんってのは、物件の持ち主の方と

直接繋がっている会社さんのことを言います。

 

まあ語弊を恐れずにいいますと元付会社さんっていうのは、管理会社っていう認識でいいと思います。自分もお客様に説明するとき、正確には違うけど、元付会社さんっていっても意味が通じないので管理会社さんっで契約締結になりますって説明することが会ったりします。

 

アットホームやSUUMOなんかで管理会社(元付会社)かどうか見抜く方法があるのですが、機会があったらそのことをブログで書いてみようかな

 

まあ、話を戻すと

その物件が気になって調べてみて 管理会社を特定して

上記のオーナーチェンジの可能性云々を聞いてみたのですが

 

フォロワーさんの行った不動産会社は言ってたことは

嘘だということがわかりました(´・ω・`)

 

(ちなみに、レインズにも載ってない物件だったので見つけるのにちょっと時間かかった)

 

不動産業界って

 

バレない嘘ならついてもいいって人間多過ぎなんですよね

これは中小 大手関わらず多いですね。

 

 今回のも、そうなのです。

理由は、その仲介不動産会社の利益の高い物件を紹介したかったのか。

時間がなくて遠くの物件を案内したくなかったのか わからないのですけどね

 

 

気づかなければそのまま不動産会社の言葉を鵜呑にしちゃうことって

多いのですよね。

 

先週ね、自分 とある物件の問い合わせがあったのですよ。

 

そこは最近オーナーチェンジで貸主が変ったのですが、

募集してくださいってその貸主の管理会社が募集図面もって来てたのですが

事務員さんは、何気なくインターネットのポータルサイトに掲載して

今回のお問い合わせだったのですが・・・

 

そこでふと気になることを思い出したのです。

 

 あれ、この物件

2年ほど前に 部屋の中で人死んでなかったっけ?

 

 でも、頂いていた募集資料には、告知事項ありとは書かれておりません!

 

違う部屋なのかな?

 

調べてみると同じ部屋じゃないか~~い

f:id:tatukiti3x:20151222230321j:plain

前の所有者は、電話番号も変っていて連絡つかないし

1年ほど前まで空いていたので、その入居した人がいたとしても

1年以上住んでないので 告知事項は消えないはずなのです。

 

(逆に考えると1年以上住んでる人がいたら、告知事項がなくなるって一般の人から見たら恐怖ですよね。ただ、あくまで1年以上住んだら告知しなくていいっていうのは判例的な解釈であり、法律で制定されているわけではないので、最終的には裁判してみないとわからないことが多いです。)

 

 

 

お客さん来店前に

管理会社に電話確認してみました

タツキチ「あの~~、この物件で2年前に人死んでますよね

前に1年以上住んでる人とかいるんですか?」

管理会社「ちょっと担当者に確認しますので折り返しますね」

折り返し

管理会社「うちは前の売主からそういった事実は聞いてないですね

おそらく、部屋の中で亡くなったのではなく、病院とかでなくなったんじゃないですか?匂いもないですし、部屋でなくなってたら、張替しても匂いはなかなか消えないんですよ」

※室内で亡くならないと心理的瑕疵にならないんだよね。部屋で倒れて救急車で運ばれて病院で死亡確認されたりしたら事故物件にはならないのです。

 

 タツキチ「いやいや、うちで仲介して入った人だったんですよ

遠方の親戚の方が連絡つながらないので行ってみたら、

トイレで亡くなってたんです

 

管理会社「で、おたく何が言いたいの?」

急に態度が変わった(´・ω・`)

タツキチ「告示事項ありにしとかないと危ないんじゃないですか?」

管理会社「いや、うちはそういった事実は前の所有者さんから聞いてませんので

現状の状態で募集でお願いします。」

タツキチ「そういう訳にはいかないのでは、うちはその事実知ってますし、うちが訴えられちゃったら負けちゃいますもん(´・ω・`)

管理会社「だから、うちはそういった事実は前の所有者から(ry」

 

 

ここで正義心であふれるタツキチは、義憤に駆られ戦いに身を投じるだったら

 

カッコいいのですが、社会の荒波に揉まれたタツキチ、保身とめんどくささにより

 

「わかりました」答えて電話を切りました

 

 

もちろん、お客さんにはその事実をお伝えしました

 

だって、うちは事実を知ってるのですから、

管理会社がそれで大丈夫ですって言ってたからうちには責任はありませんって

社会の常識として通じませんよね(´・ω・`)

 

 

 

もちろんお客様はその物件見ませんでした(´・ω・`)

事故じゃないからそこまで家賃安いわけじゃないしね

 

事故物件なら家賃少なくとも3割引きにしなきゃいけないよね。

 

うちは、知ってたからよかったけど、知らなかったら決まってた可能性もあるし、

その事実が発覚したら、お客様は当然仲介業者、管理会社、貸主を訴えるよね

 

知らなかったといっても、仲介業者には調査義務はあるのだから、こういったケースは

怖いと思った。

 

ってか、ほかの仲介業者はこの事実は知らないし 管理会社はあんな感じだから

 

あの部屋に次入る人は、絶対この事実を知らずに入居することになるんだろうなあ

 

不動産業界の闇は深い

 

 

 


にほんブログ村 

   

広告を非表示にする