読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだ、サンタとか優しい上司とか信じてるの?

三十路のダメリーマンの日常備忘録日記です。 都内でクレームにまみれながら、働いてるよ。

キチガイ入居者③

 どうも、たつきちです。

 

シリーズっぽく書くのってめんどいね。

 

個人的に飽き性とめんどくさがりなので2000文字ぐらいまでが

限界なので、このシリーズまだまだ続きそうでも細かいこと書くと

ほんときりがない方なので、ポイントを押さえて書いていくように

します。

 

 

tatukiti3x.hatenablog.com

 前回の続き、

 キチガイ入居者Aなのですが、近隣の方に

わたくしがクスリやってるって噂をバラまいてたりもしましたよ。

近くの同じく賃貸住居に住んでる方が契約更新で来られた際に教えてくれました。

 

A「○○で働いてるタツキチってヤツ、これがホントにひでーやつなんだよ

アイツおかしいんだよ クスリをやってるって業界では有名らしいぜ」

 

のようなことを言っていたようです。 

近くに住んでいるほかの方からも同様のお話を聞いたので

A氏がマジで言いふらしてたのでしょうね。

 

ガッデーム

 

まあ、キチガイになに言われようが平気ですけどね(T_T)

 

 

 これぐらいになると腐ったミカンがなにかしゃべってるって

思うようにしてました。(自分の精神を守るために必要なことです)(´・ω・`)

 

(たしかに、A氏のおかげなのか、偏頭痛がひどくてバファリンは手放せなかったですけどね。(´・ω・`) )

 

とある情報から、A氏は生活保護もらってるのでは?って疑いが出ておりました。

 

確かに、たまに出かけてるけど、在宅率高いし、

なによりこの人 実社会で通用するような常識をわきまえてないですし

働こうって思っても働けないでしょ 常識的に考えて(´・ω・`)

 

でも、疑問が残るのです。

 

この方その当時家賃6万円だったのです。

(最初の契約時は6万5千円だったのですが、契約更新のときしつこいぐらい家賃下げろってオーナーさんに言って下げてもらったみたい)

 

生活保護の単身の家賃上限枠は、東京は53,700円なのです。

明らかにオーバーです。なので通常でしたら、役所の許可が下りないのです。

 

うーむ、でも資金の出所がわかれば、対策も増えるので(代理納付で家賃滞納がなくなる)ホントに生活保護なのかどうか調べる必要があります。

 

役所にAさんは生活保護もらってますか?って聞いても普通は絶対答えないです。

個人情報ですしね。ましてや生活保護って情報でしたら、なおさらです。

 

本人に聞くのは・・・・論外ですしね。芸能関係者って言ったり、坊さんだって

言ったりする人だからね。 本人が生活保護者だよって言ったら、むしろ疑わなきゃいけないぐらいです。

 

本人に生活保護もらってますかって聞いたら、

俺は生活保護もらっているように見えるのかよって激怒する可能性も十分あったからね

電気もガスも止まっている人だから、そう見えるんですけどね。

 

むしろ、水は止まってないようなので、生活保護の可能性は当時高い!と思いました

生活保護者は水道料金無料です※東京ではね)

 

わたくしは結局どうしたかというと

 

      ・ 

 

      ・

 

      ・

 

      ・

 

 Aがもらっている前提で聞いてみよう

 

 

 具体的には、役所の生活保護担当部署である生活福祉課に

 直接アポなしで出向いて、

 

 役所の受付「どうされました?」

 

タツキチ「私〇〇のタツキチと申します。管理会社のものでして

 

役所受付「どういったご用件でしょう?」

 

タツキチ「この度、Aさんのことでご相談がありまして、Aさん担当のケースワーカーはいらっしゃいますか?」

 

役所の受付「担当者の名前わかりませんか? 」

 

タツキチ「すみません。担当者を知らなくて・・・」

 

役所の受付「ほかにAさんの情報のわかるものありますか?」

 

タツキチ「Aさんの住民票でいいですか?」

 

役所の受付「はい、それで大丈夫です。ちょっとお待ちください。」

 

生活保護者には、ほぼ確実にケースワーカーという役所の担当者がつきます。つまり、担当者がいることがわかれば、生活保護受給決定です

タツキチ(いなかったら、どう言い訳しよう?(´・ω・`)

 役所の受付「Aさんを担当されているのは、Dというものなのですが、申し訳ございません。本日は、研修で出張中でして、○○日には戻って来ますので、戻って来ましたら、折り返して連絡させましょうか? 」

 タツキチ(つまり担当者いるってことですね。Aは生活保護もらっているってことですね。)(>_<)

 このときの心情

f:id:tatukiti3x:20150904214113j:plain

 

 

 タツキチ「タツキチ宛てまで、お手数ですが、ご連絡お願いします。」

 

 このとき、帰りはルンルン気分で帰ってました。

 

オーナーのBさんにも「やっぱりAさんは生活保護でしたよ」って

報告してました。

 

 でも、ここで疑問といいますか。契約書は6万5千円になってるんですよね

実際には、6万円に減額してますが、役所は支給額53700円をオーバーする契約は

しないはずです。(役所からは53700円までの支給で残りは自己負担してるってことに

なります。)

 

ここが後にタツキチの悲劇を呼ぶことに・・・

 

 

金額に誤差があることは、後日、担当者から聞けばいいやと思って楽天的に考えてまして・・・

 

まあ、最悪 代理納付手続きをとれば、53700円は毎月確実に役所から支払われるから

あと不足の6300円を督促すればいいんだって単純に考えてました。 

 

 (6300円なら10か月滞納しても6万ぐらいだしねって感じでね)

 

 っていうか、この役所の担当者って、その後も何度も連絡とったりするとき、

ちょくちょく出張してていないことが多かったんだよね。

 

ここは、私の勝手な憶測ですが、有給とってたりするときの外部的アナウンスで

出張って言葉を使ってるのかなって疑っちゃいました。

 

だって、国家公務員ならまだしも地方公務員が出張って頻繁にしないでしょ

 次回記事

 

tatukiti3x.hatenablog.com

 

 

 更新の励みになります。クリックお願い致します。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
にほんブログ村

 

広告を非表示にする