まだ、サンタとか優しい上司とか信じてるの?

三十路のダメリーマンの日常備忘録日記です。 都内でクレームにまみれながら、働いてるよ。

ギリシャショック・・・

どうも、タツキチです。

夏だ ビールがうまい、仕事がつらい! FXがまずい!!

 

アルコール成分多めでブログ書いてます テヘペロ

 

 

日曜日に起きたEUのギリシャ支援打ち切りは衝撃的でしたね。

 

ギリシャは少し前から3月を越せない、5月を越せないなど言いながら、

地方政府や公営企業の余剰資金をかき集めて返済したり、

5月のIMFへの返済資金を なんと IMFの特別引き出し権(SDR)を取り崩して

返済するというおかしなことをして当座をしのいでいたのですが、

今回の6月は乗り切れそうになさそうです。

 

(私はてっきり、EUが支援を行って乗り切るものだと思ってました。)

 

6月のIMFへの返済を、乗り切るのにEUからの支援を期待していたのでしょうが、

EU的にはギリシャが提示する返済計画は不十分として、支援を拒否したので、

6月30日でギリシャは事実上デフォルトに陥るでしょうね。

 

ギリシャは、国民の1割が公務員と言われており準公務員を含めると

25%ぐらいになるとか・・・・

(ちなみに日本は5%以下です。)

 

民間より公務員の方が平均年収も高いという

歪な状況、主だった産業も観光ぐらいしかない・・・

 

にもかかわらず、財政健全化がうまくいってない状態・・・・

 

 まあ ギリシャは、前政権の緊縮財政に嫌気が刺して、チプラス現政権は反緊縮を掲げて誕生しました。国内向け的に、EUやIMFが示したような財政健全化策は、自らの支持母体を破壊しかねないですしね・・・・

 

 

EU圏財務省会合を主導しているドイツ的には、巨大で信用力がありながらも、

フニャフニャであるユーロ通貨は、

貿易輸出国であるドイツにとって最大のメリットですから

(現にドイツ経済は絶好調ですしね。)

 

ドイツは、この状態にやきもきしている状態です。

デフォルトすれば、ギリシャ離脱が濃厚になるわけですしね。

ギリシャ以外にもポルトガル、イタリア、アイルランド、スペインと

ユーロ圏が定めた、「財政赤字GDP比3%以内」、「政府債務残高GDP比60%以内」という財政規律を守れてない国がありますからね

上記の国が次のギリシャのようになりそうな感じですし・・・

以下ドイツとギリシャの関係説明すると

 

 

 ギリシャ「今月末のIMFへの返済資金貸してね ハート」

 ドイツ「ってか、なにこの返済計画ばかなの、死ぬの?」

 ギリシャ「これでも、頑張ってるつもりだし、パク」

 ドイツ「おい、お前今なに食った?」

 ギリシャ「えっ アイスだけど別にいいじゃん」

 ドイツ「何がアイスだよ。ハーゲンダッツ食ってんじゃねーよ」

 ギリシャ「ちっ うるせーなー 反省してまーす。」

 ドイツ「こっちはガリガリ君で我慢してんのに!!」

 ギリシャ「いいから金貸せって言ってんだよ」

 ドイツ「それがお金借りる態度かよ」

 ギリシャ「うるせーなガリガリ君ナポリタン味でも食ってろカスが」

 ドイツ「てめーそれを言ったら戦争だろうがー」

 

 うーむ ユーロ系の売りポジション持ってたら、今頃大儲けしてたんだろうなあ

 

今から参戦しても、痛手を負いそうだから・・・

 

 こういった時期は、ボラティリティ(変動幅)が高いから、

 利益を生み出しやすい時期だけど、損も莫大に出しそうなので

 ポジションを小さくしよう。

 

 ってか、ギリシャってユーロ圏でもGDP比率でも2.5%ぐらいしかないのに

 市場のみなさんは過剰に反応し過ぎじゃない?って思うのは、私だけでしょうか?

 なんだかんだね。アメリカの指標は結構いい数字が最近出てたし、

 すぐ元値に戻る動きするんじゃない?

 ということは、今が底値拾いをするときじゃない?

 (あ、これアカンパターンや・・・)

 

 

 

 更新の励みになります。クリックお願い致します。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
にほんブログ村

 

 

 

広告を非表示にする